生きる少年漫画くん

検索バー上のぼんた(id:mamoryuuuuuu)ってとこ触るとブログの概要出るから時間あったら読んでみて~!スマホ閲覧用のカテゴリー一覧もあるよ☺

TOKYOヤマノテBOYS for V MAIN DISC 感想 (Vita版)


をやってる時に感じた一見ポップだけど実は不穏な雰囲気で「空気感ちょっと似てるかも」と思って前世HMだけプレイしたヤマノテのことをぼんやり思い出したオタクぼく🙁💭
そしてその後迎えた誕生日に届いたマブダチオタクからのプレゼントを見て。

f:id:mamoryuuuuuu:20210331132128j:plain


……🤔??エスパー????
とぅいった~ではさっきの前世の記憶の話しなかったはずなんだけどヤマノテのこと考えてたらヤマノテBOYSがうちにきたからまじでびっくりしちゃった。ついに思念だけで家に商品が送られてくる時代になったかと思った。

唯一やってたPSP版のHMを貸してくれたのもこのマブだったんだけどだいぶ前から「ぼんた用にVita版買ったから今度貸すね~!」的な予告をされてた気がするのでわーそのうち借りよ🕺♪♪って思ってたんだけどなんか、もらった。ありがと!!
というわけで感想文導入エピソードトークは誕生日プレゼントで棚からヤマノテしたよって話でした~。

ポからの流れがあったり年末のアンケートのやってほしいゲームで名前出てたこととかもあっていろんなタイミングよかったからすぐ対戦させていただいたけど、数年前はやらなかったその後のシリーズもやってみてなるほどーー!ってなったしおもしろかった。
HMの記憶もほぼなかったしまるで初めてやったかのようなテンションで感想文書くので気が向いたらお付き合いよろしく~!

  

以下、主人公=チヒロちゃんで話を進める。主観と偏見がすごいので適当に見て~!

ゴリゴリのネタバレはしないけど真相ルート的なやつの方向性もふんわり触れるしこういうシーンが~みたいな話も多少あるので過敏な人は気を付けて。

 

■ストーリー
Vita版は体験版だかなんだかでプレイできたらしいシナリオ?(前夜祭)とPC/PSP版だと別で出てた3本が1本にまとまってて4作できるようになってるので最初にどれやるか選ぶ。

f:id:mamoryuuuuuu:20210402152140j:plain


攻略制限は特になさそうだったけど話つながってるしリリース順(上から順)にやるのがいいよ👌
ちなみにAnother FairytaleはVita版の追加要素らしい。詳細あとで書くね。

🤴TOKYOヤマノテBOYS 大会概要👸
都内各地の代表として選抜された9人のスーパー男子高校生 ヤマノテBOYSが全国の女子高生の中から選ばれた1人のプリンセスのハートを射止めて東京No.1の男子高校生になるために奮闘する7日間のディビジョンラブバトル(語弊)
ウッドリンクっていう作中の大手会社が主催する告白大会なんだけど、6日間都内をデートして仲を深めていって7日目にプリンセスがよかったと思う男を1人選んでプリンス(優勝者)決定~!って流れ。
年1で大々的に開催されてて中継とかもされるイベントらしいから作中のTYBの扱いは恋愛リアリティーショーって感じ。うーん弱めのバチェロッテみたいな🤔

これが4作共通の話の土台になる部分なのでこの先は今書いたことをふまえたうえでそれぞれどんな内容かを書いとく。

👸前夜祭
TYB開催前のヤマノテBOYSとチヒロちゃんの顔合わせの話。ここでそれぞれの人間性、集団の中での立ち位置をなんとなくつかめるし後々効いてくるシーンがあったりして全体としてのプロローグみたいな内容なので最初に見るのがいい🙆
終わり方はひとつだけど選択肢によって1対1の会話とか終盤のイベント(チームごと3種)の内容が変わる。
スチルはすぐ回収できたけど辞書の単語集めがちょっと時間かかった。まあそれでも全部終わるまで2時間くらいだったからそんなに長くない。

💘本編
1日目の時点で人数をしぼるってことで告白バトル予選を勝ち上がった3人とチヒロちゃんがデートを重ねて親睦を深める中で恋をしたり大会の裏で起きてる物騒事に立ち向かったりする話。
HONEY MILK/SUPER MINT/DARK CHERRY(以下HM/SM/DC)の3作あって1作あたり3人ずつ攻略可。

本編期間は大会日数そのままで7日間。
1~3日目が4人での合同デート(共通ルート)、4~6日目がタイマンデート(個別ルート)で7日目にENDって流れ。
そもそも恋愛っぽいことをするための催しなうえほぼみんな出場及び優勝したい目的があって大会に参加してるので、最初から露骨に落とす気満々で接してきたり前のめりな人が多くて他の乙女ゲームとはちょっと違う前提で話が進むのが新鮮な感じ。
そのおかげで普通だったらこんな短期間で恋愛に発展できる!?って思っちゃいそうなところにも説得力とか納得感があったのもよかった。

ENDは1人あたり恋愛/ノーマル/真の3種ずつ。
進め方によって終盤の内容が変わるのでそのあたりの感触も含め説明する。

・現代のおとぎ話(恋愛/ノーマルEND)
ルートによって紆余曲折ありながらもきっちりTYBをこなしてチヒロちゃんが最終的に誰か1人を選ぶ王道ハッピーストーリー。
ノーマルでも攻略対象側がある程度チヒロちゃんに好意とか興味があって「また今度遊ぼ~💪」みたいな終わり方だったから今後の可能性も感じさせてくる友情ENDっぽい内容で好きだった。

・もうひとつの物語(真END)
解放条件がそれぞれの恋愛/ノーマルENDを見ることなので条件を満たした状態で進めると5日目あたりで分岐できるようになる。
こっちはさっきちらっと言った“大会の裏で起きてる物騒事”に焦点が当たるんだけど、作品ごとに重要になるポイントとか出てくる情報が違ってて3作プレイして徐々にいろんなことがわかっていくような話のつくりになってるのでリリース順にやらないとよくわかんなくなっちゃうと思う。

📖Another Fairytale(Vita版追加要素)
スペシャルイラスト&シナリオ
イラストは1人2枚でそれぞれ恋愛ENDと真ENDを見たあとに1枚ずつ解放される。
1枚目がおとぎ話モチーフで2枚目が和風パロディ(?)だった。
全イラストに文章だけで進行するショートストーリーついててどれも2,3分で読めたかな。基本軽めの文だしメタ発言とかつっこみどころも多々あっておもしろかったけど、たまにうっすら本編ENDのニュアンスを感じることがあって勝手にちょっとじーんとしたりした。
オキニの台詞 「これはSKINSHIPしていいのかな……」

・アナザーストーリー
それぞれの恋愛END後の話が2つ(攻略対象視点とプリンセス視点1つずつ)とみんなでわいわいやってる話がいくつかあって全部で27個。かなり数多くて充実してるけどこの話には音声ついてないのちょっと残念だった。入れ替わりのシナリオあったからそれとかみんなの声聞いてみたかったな~って気持ち。
そんな中音声使い回しにより唯一フルボイスの犬。おもしろすぎて無理。

・設定資料
各キャラの初期設定が見れる。
不採用になったらしい設定も本編の中で名残を感じさせるところがあったり、アナザーストーリーで小ネタ的に使われてるものもあったから結構興味深かった☺
あと「増えていた」シリーズめちゃめちゃ笑う。

 

■システム
基本ノベルゲームだけど普通の選択肢以外にスキンシップっていう攻略対象にさわって好感度変動させるようなシステムもある。その時みんなの手がぬるっと動くのでお~!って感じ😮

f:id:mamoryuuuuuu:20210412164847j:plain


ここいつも事故りそうだなと思いながら見てた。琉堂イエスがなぜか手の甲出してくる(ほんとになんで???)から余計に。
次は操作面とかプレイ中に思ったことについて。

・白に白
なんで白のメッセージウィンドウに白文字でテキストを出す🤒!?!?
白に白て……攻めすぎてもはや現代アートの域じゃん。
ウィンドウとか文字の色、濃さをいろいろ調節できるならまだしもそういうのないから目が慣れてくるまで読みづらくてそこそこきつかった。個人的に一番のムムムポイント。

・シーンジャンプ
なんで未読箇所も飛ばす~~~🤒!?
リジェット名物の通勤快速シーンジャンプ。
ヤマノテ単体で見ればまあ結構前のゲームだしな…で済むかもだけどその後もこのままだから謎すぎる。
どういうことなんだまじで……未読で止まれるシステムを組み込めるエンジニアがいないのか???(??)
ちなみに誰かしらの真ENDが見れるようになった状態でゲームを始めると一部シーン追加されるからその場合はジャンプじゃなくて既読スキップ中心に進めるのがおすすめ。

・デフォ名
デフォ名ないから自分で名前入力しなきゃいけないんだけどデフォ名プレイに縛られし者なので名前入力画面から全然進めなかった。同タイプのオタクはプレイ前から名前考えといたほうがいいよ!
名前入力に15分かかったオタクより

一応なんか「チヒロちゃん」て名前があるっぽいのは知ってたので下の名前はそうしたけど、名字ね~~~~!!
円堂……思想が強すぎるか…うーーん………🤒とかいろいろ考えた結果。

f:id:mamoryuuuuuu:20210331132140j:plain


山田(安パイ)
由来は池袋のラップ小僧達。今年こそ勝つぞ🦉💥
ちなみにマブは「名字がないならおまえからもらう」の精神で「岩崎」にしてたらしくて笑った。オタクに名字狩りされる代表取締役

山田ありがち名字だしサブキャラとかにいないか聞いたらいなかったと思うって言われたので採用したんだけど

f:id:mamoryuuuuuu:20210331132135j:plain


あっ…………あぶな‼‼‼‼
ニノ様の秘書トリオ、あともう1人いたら絶対山田じゃんみたいな並びで笑った。ギリギリセーフ。

なんの話してたのか自分でも忘れかけたけどなにを言いたかったかというと自分で名前入力するよ!っていうのとそういうわけだからもちろんデフォ名呼びないよ!ってこと。

 

■おまけ要素
いつもはもうちょっとあとに書くことが多いんだけど今回は流れの都合上先に書いとく。

・もしもデート
リジェットゲーム名物のログボ。
起動時ランダムでみんながいろんなシチュエーションでなんか言ってくれるんだけどこれあとから見返せないのバグすぎない??何種類あるんだろ…。
「もしも俺が告白中にテメェが音楽を聴いてたら」とかいうシチュバカ笑いした。プリンセストガりすぎじゃん。

・シークレットテイル
チヒロちゃん以外の人の視点で本編を補完できるサイドストーリー的な小話。
ひとつひとつの話は短いけどかなり数あって一気に読もうとすると大変だったから、個別のシークレットテイルはそれぞれの恋愛/ノーマルENDを見終わったあとに開いてる分全部読むと鮮度高く楽しめるし後々楽だと思う🙆
内容については攻略対象がデート中のことを振り返ってわーわーするようなのが多いんだけど、クソデカ独り言言ってたり家族とか知り合いに話聞いてもらったりって人によって1日の振り返り方が違ってたのおもしろかった。
共通の話は攻略対象同士(他DISCの男も含む)の会話とかも見れてたのしい☺

・エクストラボイス
条件を満たすと聴けるようになるリジェットのいつものおまけボイス。内容はプロフィールからシチュエーションボイスまで幅広い。
「明日地球がなくなるとしたら」みたいなやつでカネモチBOYSが普通に地球脱出しようとしてるのおもしろすぎて死んだ。
ちなみに解放条件のひとつに好感度MAXでクリアっていうのがあるから恋愛END見る時は好感度MAXになるように注意しながら進めると回収が楽だと思う。

・ブログ
大会期間中更新されるヤマノテBOYSのブログ。
同じ日のブログでも選んだ選択肢(合同デート中一緒に行動したかしてないか)とかによって内容が2パターンあったりするの細かいな~と思った😮
ブログタイトルとかスキンが個性出ててわかる~~!って感じなのもよかったし文体とか筆跡見るの好きなオタクなのでこういうの助かる。

 

次はそれぞれの感想。
今回は3作とも3人分のEND2種を見る➭真ENDを最後にまとめて一気に見るって流れでやっていった。
悠斗/伊織/イエスのルートは他2人より情報量多めだからこだわりなければ最後にやるのがおすすめ。
この先は各作ごとの感触とそれぞれの人間性と各END、おまけ要素のこととかを書いとく。ちなみにエントリーナンバーのあとに書いてあるのは公式キャッチフレーズね。
じゃあまずチヒロちゃんのことをちらっと✍️

 

( チヒロ )
今年のTYBプリンセスに選ばれた女子高生。あんま意識してなかったから明確な描写あったか忘れたけどハマーを年上、伊織くんを年下って言ってた気がするから多分高2だよね?あと勝手に山田にしてごめん、君の名は……??
クセ強男達のストロングムーブに対するツッコミが冴え渡るのでプレイヤーとして見ててかなり心強かった。ボケの手数に対してチヒロちゃんオーバーワークすぎるだろと思うけど😂
明るくて空気読めて気遣い上手で人の気持ちに寄り添えるすっっっごいいい子だったし、毎日のデートのあとファミレスで学校の友だちとだべって恋バナをするような等身大の高校生感があって親しみやすさも持てる🙆
いい意味で変なクセないからどの男と一緒にいてもなんとなくすっと馴染むのすごくよかった。
TYB視聴者からも結構人気あるみたいな描写がちょいちょいあったけどわかる……ぼんたも恋愛リアリティーショー見ててチヒロちゃんみたいな子いたら超だいすきになっちゃうし応援しちゃうだろうな😳

 

🍯 HONEY MILK 
(歩夢➭虎太郎➭悠斗)

HM、唯一プレイしてたはずなのにほぼ記憶なくて困惑。

f:id:mamoryuuuuuu:20210413171254j:plain


アンケートのやってほしいゲームで名前あがった時に書いた返答の一部だけどこのニノ様と改札の対戦、やり直してみたら序盤中の序盤のイベントすぎてまじで笑った。なんでそんな変なとこだけ覚えてるの???

合同デート中は随所でニノ様のトンデモ金持ちムーブが炸裂するもののこたろ~くんと歩夢ちゃんの人間性がわりと大ざっぱ?おおらか?なおかげで不思議な和やかさとまとまりが生まれててほほえましかった☺

真ルートでは共通からちらちら出てきてた殺人鬼の目的とかがわかり始めてきて結構スケールでかい不穏な話になる。
前述したように真ルートは3作やって少しずついろいろわかっていくようなつくりになってるんだけど、HMは真相導入編って感じで情報量少なめかつ3人とも根が素直な健やかくんだから個人的には後続2作と比べるとだいぶマイルドな感触だったかな🤔

( 二之宮悠斗 )
TYBエントリーNo.1 無敵のパーフェクトプリンス(新宿代表/高3)
二之宮財閥御曹司のウルトラ金持ち。
そのうえ成績優秀スポーツ万能ヴァイオリンも弾けて顔良のハイスペックキラキラ男。
物腰柔らかく“理想の王子様”っぽく振る舞うものの金にものを言わせる傲慢さと地球3個分はありそうな「僕はなんでも完璧にできる」ってクソデカ自尊心が隠しきれてなくて序盤から普通に腹黒が漏れ出てる。

豪快金持ちムーブした時も「普通なら無理だけど僕だからできた😤」みたいなエッヘン権力誇示感あって若干めんどくさいけど金持ちすぎて一般常識を知らなかったり、秘書ズにヨイショしてもらってドヤ顔したり、すーーーぐいろんなものに自分の名前つけちゃったり端々にかわいさとおもしろ男要素がちらつくのでなんやかんや憎めないんだよな~!
「超悠斗号」て。乗り物とかに自分の名前つけるだけでも男児なのに頭に「超」なんてつけたらそれはもう超超男児じゃん👦🚘‼

ちなみにニノ様、こんな感じだから自ルートだとトンデモバブチャンなのに他の人のルートだとめちゃめちゃ頼りになる(暴言)
情報収集、説明係、様々な物理的協力ともろもろの後処理に琉堂イエスのカウンセラーまで……有能………。
基本的にほとんどの真ENDはニノ様の力が必要不可欠だったし、ニノ様が出てくるとなんか安心できた。助かる。

・恋愛END
自分の思い通りにいかなくて癇癪起こしたゆうとくん(6)とちゃんと向き合ったチヒロちゃんがえらい!ゆうとくん、すくすく育つのよ…😊
いろいろ漏れ出てたしオタクからしたらバレバレだったけど作中ニノ様がしっかり本心を見せてくるのが遅く感じたから個人的にはもうちょっと早くてもよかったかなと思った🤔
でも自販機のくだりとかほんとにかわいいし、改札通過チャレンジ成功ドヤドヤスチルも最高でだいすき~~!金持ちが庶民文化に触れる様子をおかずに3日くらい白飯食べられる。

・真END
全作を通して見てもかなり王道というか、マイルドな真ENDじゃないかと思う。
オールスター感謝祭くらいみんな出てきて沸いたけど逆にみんないすぎてしれっと知らんショタ(哲さんの弟達)までいたのまじで笑った。急に知らんショタを出すな😂

・おまけ要素
シークレットテイルの秘書ズとニノ様よすぎて気が狂った。「絶交」のワードチョイス小学生すぎてよちよち👶って感じだしそりゃ~秘書ズもニノ様のことかわいいと思っちゃうよね、わかる。
あとアナザーストーリーの映画観に行くやつすっっっっごいかわいい。

 

( 岬虎太郎 )
エントリーNo.2 一撃必殺ラブタイガー(池袋代表/高2)
池袋にある果物屋さんの息子🍍🍓
チヒロちゃんを「ベリーちゃん」って呼んでくる乙女ゲーあるあるしゃべり方クセ強の森久保なのに後にもっとやばいのが控えてるせいで霞むのなに??こわい。
ダンスとサッカーが得意な陽気ボーイでムードメーカー兼いじられキャラみたいなポジションなのでHM組コミカルシーンの生産地って感じ。

基本元気でやさしいし超いいやつなんだけどノリ軽めなのが災いして告白を本気に受け取ってもらえない&恋愛対象として見てもらえなくて今まで99回連続で女の子にフラれてる不名誉記録保持者なのでTYBで100回目の正直なるか!?っていうのが見所。

全体的にこたろ~くんは健やかかつまっすぐな等身大の男子高校生だったし、その分チヒロちゃんも飾らずにそばにいられてる感じがして年相応の青春っぽさあってよかった。
ところですごい話変わるけどガラ悪男に追いかけられた時こたろ~くんが「顔見られてないから大丈夫!」っておとりになってくれるシーン、いや顔よりもそのまっ黄色の服のほうが目立ってやばいだろって思わない???個人的にめちゃ笑った😂

・恋愛END
すごい思春期でバタバタしててかわいい。

・真END
え~ホビアニみたいな健やかさでいいじゃ…て、店長ーーーー🐖🙇‍♂️‼‼‼って感じ。おもしろかった。好きな真END。

・おまけ要素
シークレットテイルでデート中のことを振り返ってる時家でも外でも独り言クソデカ大声すぎてうけた。それを止めるためにお母さんが投げてくるフルーツも毎回楽しみ🍊

 

( 百瀬歩夢 )
エントリーNo.3 プリティ森ボーイ巣鴨代表/高1)
森ボーイ要素あるか!?!??!!!
個人的には特に感じなかったな🤔
仲良しのおじいちゃんとユニットを組んで巣鴨で歌を歌ったり漫才したりオールマイティーに活躍するじじばば達のアイドル。
歩夢ちゃんは人類の孫ってワケ…🍪🍬👛👦👛🍭🍫

見た目通りほわっとした面もあるんだけど意外と男らしさも感じられてなんか不思議な感覚だった。関西出身らしくて時々関西弁がぼろっと出るのもチャーミングで加点要素となります💮
やさしくてかわいい純粋無垢素直ボーイなので全体的に見ててまぶしかった。
あと個人的にコーデバトルの時の服装、歩夢ちゃんが選んだやつが一番好き。

すごい余談を再放送するけど歩夢ちゃんに関してはPSP版プレイ中「歩夢ちゃんかわいい~!」ってツイートしたらプレイ時期が冬季五輪とかぶってたせいで平野歩夢選手のファンにふぁぼられた思い出が強すぎてあの時のおもしろさがよみがえってしまう。
ところで歩夢ちゃん怒るとちょっとドスきいた感じになるの、もしかして多智花八雲くんの親戚の可能性ない???(名推理)

・恋愛END
ただただかわいい。これ見てる時多分脳内で動物の赤ちゃんがわちゃわちゃしてるのを見てる時と同じ物質が出てると思う。

・真END
このルートは殺人鬼絡みのことよりも歩夢ちゃん側のあれこれのほうが印象に残ってるかも。歩夢ちゃんほんとに心の底からすっっっっごくいい子だと思うけど個人的に状況に対して主張が綺麗事すぎる感じしちゃってなかなかむずかしい気持ちになった。
でもどっちの大事にしたいものも間違ってないし、なにかうまい落としどころが見つかればいいなと思う😔
あとじじばばまじ強い。半端ない。

・おまけ要素
シークレットテイルで1日の出来事を振り返ってる時に友だちのじじばば達に話聞いてもらってるの歩夢ちゃんらしくてめちゃめちゃよかった!ほほえましい👴👵

 

🌱 SUPER MINT 
(拓海➭ルーシー➭伊織)

うろ覚えだったけどHMは一応前世でプレイしてたはずなのでここからは完全に未知の領域でウキウキ🤗♪♪♪

もちろん3人とも個性強いけどトンデモムーブ(フラッシュバックする他チームのおもしろ金持ち達)をされることがあんまなかった気がするし想定してたよりもそれぞれの人間性がまとも?良識的?に感じた。
みんな前のめりな中でもSM組は特にモチベが高く感じたし、真っ当にプリンセスを奪い合うライバルっぽさあって告白大会らしさもしっかり出てた気がするので意外と見やすい3人組だった。主観だと貧乏貧乏金持ちってとこ以外はチームバランスも3組の中で一番よかったと思う。すき🙆
あと聞いてもないのに勝手にパンツの話してくるうえ全員わりとトガった下着だったのうける。

実はTYBと同時期に都内の治安が悪化してるのでSMは共通の時点でチンピラに絡まれるような物騒だったり不穏な描写が多々あるんだけど、真ルートではその原因についてわかる感じ。
この件を掘り下げるのはSMだけなので他2作とはまた違った視点で東京を見守るような、3作の中で一番トリッキーな内容だと思う。物理でハードだった。
ていうかただでさえ殺人鬼とか湧いてんのに治安最悪すぎ~~!!無理~~~!!そして琉堂イエスまじでなに~~~~!?の気持ちになる。

( 桐嶋伊織 )
エントリーNo.4 ワイルドルーキー(渋谷代表/高1)
アルティメット善良陽キャギャル。
人気の読者モデルで女の子にも爆モテなのでイケイケチャラボーイと見せかけて家計を支えるためにモデル以外にもバイトしてるうえ妹思いなウルトラいいやつ。
でも天はそう何物も与えないのでいいやつな代償として小4で習う漢字までしか読めないしことわざを絶妙に間違って覚えてる(「便は急げ」で3日分笑った。たしかに我慢せず急いだほうがいい)し、スクーターのブレーキは一生壊れてんだ。長い足を走行中のスクーターを止めるために使うのやめな。

そんなアホっぽく親しみやすい面もありつつ好きになった子には一途な恋愛硬派男とかいう最高ポイントまで持ち合わせてて人類ウケがよすぎる。強い。
妹がいるからか面倒見よくて頼れる感じなのに高校1年生だからチヒロちゃんより年下っていう事実も確実にオタクを狂わせていくってワケ🤒✋
あと個人的に合同デート中とかみんなでわいわいしてる時一番がんばってツッコミしてくれてた気がするのもおもしろいと思った。

個別はなんか、なんか……池袋ウエストゲートパークとかで見たことある気がする‼‼‼
恋愛/真ENDのルート分岐する前からそこそこ物騒&シリアスな描写あって結構びっくりした。
見てて危なっかしく思うところも多々あったけど桐嶋伊織くんは百年 Only Love!!!とかいう最高キャラソンを歌ってる男なので…どうしても信頼しちゃうな………。
でもブレーキは早く直したほうがいいと思う。

・恋愛END
6日目の帰り道突如顔を出すいおりくん(9)に狂った。
急に服の端をつかむな…🤒
「……うん」じゃないんだよ……🤒 
180cm越えデカ男のショタムーブ、地球が5回爆発してもおかしくないくらいの破壊力がある。普段強気な感じだから余計にぐっときちゃうね。1000000京点です。
ていうかENDのチヒロちゃんもかわいすぎない??伊織くんの気持ちにめちゃめちゃ同調した。彼女がそんなこと言ってたら狂うよ。わかる。百年間愛し続けような……。 
そんな彼女かわいすぎ芸人伊織くんの本編最後のリアクション芸からのED曲(PC版OP曲)の導入、温度差がありすぎていや「熱・狂・X・O・X・O!!」じゃねーーーんだよ😂😂😂って感じで死ぬほど笑った。無理。ED曲のあと最高エピローグがあってよかったよ、助かった。

・真END
高校1年生にそんなもん背負わすな。
結構早い段階でどういう方向性か予想できたから覚悟はしてたんだけど、実際目の当たりにするとしんどさが想定を遥かに上回ってて本当につらかった。修羅。
なんか、他にもっとなかったのかなとかいろいろ考えちゃうんだけどじゃあどうすればよかったのかがいまだによくわからないし気持ちの置き場が見つかってない。
高1なんてカラオケ行ってプリクラ撮ってファミレスでだべってゲラゲラ笑って毎日楽しくすごしてりゃいいに決まってんじゃんか。なぜそんなに1人で背負う……。やだ…幸せに健やかに暮らして……。おまえは百年 Only Love!!!の男だぞ…………。

ていうかPC版プレイオタクはこれ見たあとにTOKYOを流されたってことだよね??可哀想すぎる。リジェは傷害罪で逮捕されてもおかしくないし該当のみんな達には傷害保険が適用されてほしい。
かといってVita版は死ぬほど空気を読まん熱狂XOXOが流れ始めるからなにが……なにが熱狂XOXOだよ🤒‼‼‼になったけど(八つ当たり)
もうなんだよ、なんだよ、どうしたらいいんだよ~たすけて。

・おまけ要素
伊織くんのブログ、ひらがなとカタカナだらけで小学生の夏休みの日記みたいになってるの愛だった。いおりくん(9)に信憑性を持たせてくる~👦✏️
メールの署名もひらがなだったけど自分の名前ちゃんと書けんのかな…「織」画数多くてちょっとむずかしいもんね……。
ところでアナザーストーリー2つあったから読む前は恋愛/真ENDの分かと思って不安になってたんだけどこれ見て。

先行激励~~!やさし~~!
ちなみにアナザーストーリーは前述したようにどっちも恋愛END後の話だったので楽しくウキウキで読めた。現場からは以上です。

 

( ルーシー )
エントリーNo.5 孤高のカリスマクイーン秋葉原代表/高2)
一部に熱狂的な信者を抱えるアングラ界隈で人気のアーティスト。地下アイドル的な🤔
ルーシーの地球ネーム「磯野」らしいんだけど磯野って呼ばれて爆速訂正する時に鳴る謎のカーン!!って感じのSE好き(?)
特に刺さる要素なさそうと思ってたら前夜祭でぼんたくん大助かりイベントを発生させて推し男ダービーで急浮上してきたからわくわく🤗♪♪

アーティストとしての自分の世界観を大切にしてるので言動が独特でちょっと意地悪だったり蠱惑的だったりチヒロちゃんを翻弄するところもありつつ、仕送りなしで一人暮らししてる分ちゃんとバイトしてたり、部屋が散らかってたり、カップラーメンばっか食べてたり~っていう1人の人間としてしっかり生きてる感じも見れるのめちゃめちゃよかった。
非実在人間の生活感ある描写が三度の飯より好きなオタクより

「孤高」とかいうからプレイ前はもうちょい絡みづらいかと思ってたけど自分の世界観だけじゃなく他の人が持つそれぞれの世界観も尊重してくれるので意外と思考が柔軟で見た目から受ける印象よりもとっつきやすさあったし、そんな中でも自分のペースをしっかり保っててぶれないのが安定感と気高さあって全体的に見てて安心できた。個人的にプレイ前と後で一番印象変わったかもしれない🤔
なんか結構フィーリング合った感じで好きだったんだけどルーシーの良さはうまく言語化できないところにある気がするのでみんなも実際に対戦してルーシーの不思議な魅力にとりつかれてみて!

・恋愛END
一人称隠蔽罪で逮捕。
素の状態での一人称とか二人称を隠蔽してて終盤突然公開してくるの、よく効く🤒
あと家庭訪問イベントだいすきだし、再放送するけどルーシーみたいな浮世離れした感じの人の生活を垣間見れるのも興味深くてよかった。
ていうかルーシーは7日経たないうちに家あげてくれてワイワイ🕺だけど、それに比べてシリーズ3作目にならないと家にあげてくれない未良子裕太とかいうヤンキーまじでなに????(飛び火)

・真END
キスよりすごい音楽ってあるんだよADV(当たらずとも遠からず)
スカーレッドライダーゼクスでも始まるかと思った。歌の力は偉大。
価値観が変わるというよりかは違う価値観の2人がやさしく寄り添い合って見えるものが増えていくような話に感じてなんだかちょっとじーんとした。
あと個人的にこのENDのスチルむぇっっっっっちゃ好き。

・おまけ要素
学校ではちゃんと「磯野」の席に座ってるらしくてえらい!(「あ」行仲間の今井くん談)
ルーシー直接的にしゃべる時は「姫」って言ってくることが多かった気がするんだけどシークレットテイル内のモノローグだとわりと序盤から「チヒロ」って言っててヒエ…🤒ってなった。
あとメールとかブログの文体意外性ありすぎてうけた。変なとこで急に秋葉感出す~~!と思いきや終盤まじめな話題になるとシンプルな文章になったりするしなんかこう、振り幅がすごい。オタクぐわんぐわんに揺さぶられた🤒🤒

 

( 九条拓海 )
エントリーNo.6 冷静沈着エリート騎士(目黒代表/高3)
肩幅が5kmあるズンドコおもしろめがね👓
ぱっと見堅物そうだし基本はそういう感じだけど、家族の教えが特殊なのと本人のまじめっぷりが変な方向に作用した相乗効果でびみょ~~に感覚がずれちゃってて結構天然っぽい。すごいまじめにボケてくる。
イメージ的に聖川真斗様とか氷鷹北斗くんみたいなタイプをもっと煮詰めちゃったような、そういうおもしろさ。

付き合う=結婚みたいな時代錯誤恋愛観(父の教えらしい)を装備してTYBにかちこんでくるから1人だけお見合いみたいなテンションなんだけど、最初は使命感的なものがありそうだったのがだんだん普通にチヒロちゃんに惹かれていってる様子がほほえましかった。ゲーセンのスチルかわいくて好き😊✴
ていうか度々話に出る九条家、絶対ヤバじゃん…って思ってたけど実際出てくると母と妹普通におちゃめさんなナイスキャラだったし父も想定より融通ききそうに見えたから拓海さんの今の仕上がりには本人のまじめっぷりが効きすぎてるんだなと思ってじわじわきた。

拓海さんもいいとこの坊っちゃんだけどニノ様とかハマーみたいなトンチンカン金持ちムーブしてなかったからデートでちょっと高そうな店に行ってもチヒロちゃんが比較的気後れせず素直に受け入れてたのがなんかよかったなと思う。お金の使い方が上品👏
あんまりめがね枠が刺さらないオタクだけど一般常識みたいなところは安定感がありつつ度々おかしな発言をするようなバランスがおもしろくてプレイ前の想定より楽しめた☺

・恋愛END
有言実行ニキ~~~~!!

・真END
ごくせんで見た‼‼
めちゃめちゃシンプルに治安が悪い。
なんで家まで送らない!?!??!選手権1位。

・おまけ要素
Q. ぼんたくんがヤマノテをプレイしてて初めて見た琉堂イエスの照れ顔の相手は誰でしょうか?
A. 拓海さん
うそでしょ?オタクまだ本編でおまえの照れ顔見てないのに、拓海さん相手に頬を赤らめるのやめてもらっていいですか????
その後琉堂イエスの照れ顔見る度7割くらいの確率で拓海さんの顔が脳内にカットインしてきたし無理。おもしろすぎる。
あと拓海さんの母と妹超好きだったからシークレットテイルで拓海さんとしゃべってるとこ結構見れてうれしい。

 

🍒 DARK CHERRY 
(慎之介➭哲➭イエス

明らかに哲さんが9人の中で一番シンプルにまともでいいやつな分のしわ寄せがきちゃってるんだよな~みたいなメンバーすぎてうける。そして期待を裏切らず2人の個性トガりすぎ大暴れ男と子守りの哲さんって感じの図が出来上がる。
ただ哲さんは哲さんでおおらかだしちょっとずれてるとこあって合同デート中起こる数々のヤバムーブに対するツッコミが思ったより機能してないので収拾つかなくて混沌としてる。チヒロちゃんのツッコミとしての手腕が問われるチーム。たすけて伊織くん…君みたいな人材が必要なんだ。

DCの真ルートは殺人鬼絡みの物騒事が中心になるので方向性はHMと同じなんだけど、ここまでの2作とDC内で拾った情報が乗っかった結果えらいことになる。
SMでえ、あの、あのさ!?って気になってたところもしっかり回収してもらえてよかった。内容は地獄だけど。
HM組はなんやかんやでみんな健やか光属性なのでなんとなく真ルートの流れが全員似てたけどDCは真実を知った時の3人の立ち向かい方がそれぞれ違ってたのがすごく興味深かった。個性が出るね😊

( 琉堂イエス
エントリーNo.7 スーパークールな暴君(六本木代表/高2)
・ヒロインを「女」呼び
・口癖「殺す」
・無限に止まらない舌打ち
・喧嘩めちゃ強(暴れてたら六本木を制覇していた)
って感じで野蛮人ビンゴシートをドカドカあけていく股下でデケェ犬飼ってる男(語弊)
そんななのに実はめちゃめちゃ勉強できて頭いいの、オタクがだいすきなやつすぎてやばいでしょ。あとなぜか犬としゃべれる。本当になんで????

HMとSMやってる時、一体どんなお題が出たら琉堂イエスが予選を勝ち抜けるんだよ!?って思わなかった??思った。
「告白中ナチュラルに舌打ちしましょう」とかじゃないと無理そう~と思ってたけど得意分野がきてよかったね😊
ぱっと見の印象を裏切らないデンジャー‼️バイオレンス‼️なリジェット男感強めだけど思ってたよりも文句垂れずTYBに付き合ってくれてたのなんかうけた。なんならファーストスチルからバカ強だし……ふーーーんやるじゃん🤒(被弾)
まあBPO的にコンプラ大丈夫なの!?だめじゃない!?放送できてる!?とは9859827回くらい思ったけど。

随所でパンチ効きつつも文脈的には本当は自分のそばにいてくれる人がほしいのにいろんなことが噛み合わなさすぎて癇癪起こしてどんどん人が離れていく~っていう悪循環キメててわりとさみしげな感じなので、個別はそんな琉堂イエスにチヒロちゃんがどう寄り添うかっていうのが見所になるかな。暴れん坊赤ちゃん。よちよち👶💥
多分琉堂イエスのオタク、VitaminRは赤桐瑛太くんだと思うしブラウルはギランちゃんだと思う(自己紹介)

物理的なスペックの高さにあんまり精神面が追いついてないアンバランス男だから終盤情緒ガタつきがちである程度の緊張感はあったけど、チヒロちゃんが信頼できる女なのでギリギリ助かった。チヒロちゃんの人間力と母性を信じろ。
2人の人間性、関係性と琉堂イエスの文脈がかなりぼんた向きで度々狂わされたし、個人的に9人の中でチヒロちゃんがいないと一番無理なの琉堂イエスじゃない!?と思ったので全体的にオキニ👌

あと、そもそも琉堂イエスは作品全体を通して重要なポジションにいる感じで他8人とはステージがちょっと違うので乙女ゲーム的な要素以外のところでもいろいろと考えさせられることが多かった。
そのあたりの事情がそこまでに得た情報から予想してたものよりもストロングだったからウワウワウワ………って感じ。地獄。
置かれた状況的に一番ハードモードなのは多分琉堂イエスだし、個人的には裏主人公と言ってもいいくらいの存在じゃないかと思う🤔

・恋愛END
さみしんぼ赤ちゃんいえすくんとチヒロママ👶‼‼‼
情緒が安定しないからあらあら…って見守ってたら6日目突然ラブコメ開幕して??なに???おねショタの趣あるし全体的に激ヤバすぎて脳みそ溶けちゃった。狂う。
いえすくんが自業自得で癇癪起こしたりチヒロママの教育でちょっといい子になってきてたり、スペシャルアドバイザーの犬がよすぎたりでいろいろとおもしろかわいくてうけた。バブチャン…すくすく育とうね………👶🍼
ちなみに優勝パレードのスチル好きすぎてVitaのスタート画面に採用された。以上、いらない報告のコーナーでした。

・真END
高校2年生にそんな選択をさすな……🤒🤒
しかも高2は物理上の問題で本当は人間1年生だからね。もっとおくるみで包みこむようにやさしくしてあげてよ。
文脈的に明らかな地獄が待ってるのはわかってたけど実際目の当たりにすると様々な感情が複雑すぎて脳みそが処理落ちした。すごく難儀。たすけて。
ただエピローグとかを見るとチヒロちゃんの存在にじーんとしちゃったし、オタクもちょっと救われた気持ちになった。聖母……?チヒロちゃん、絶対一生琉堂イエスのそばにいて………。

・おまけ要素
言いたいこと山ほどあるよ!!
まずシークレットテイルでデート中の出来事を犬と振り返ってるのカジュアルファンシーすぎてロコちゃんとハム太郎じゃん(誇張)と思ったし、ブログが記事の半分以上Twitterで事足りるだろの文字数で笑ってたのに大会が進むにつれて文章が英詞が多いラウドロックバンドのラブソングの歌詞みたいになっていくのおもしろすぎて無理。

エクストラボイスの「寝起きの一言」も一言じゃないどころか起きてすらいないのうけた。それはただの「寝」じゃん。
ちなみにオキニボイスは「俺より先に死んではいけない俺よりあとに死ぬのもいけない(要約)」とかいうやつ。琉堂イエスが突然リジェット界のさだまさしになる回。

ていうかアナザーストーリー、姉がいる設定生きてたんだ!?って感じだし結構重要な内容じゃない??しれ~っと出すな…。姉の名前なんだろ、ルカとかかな(?)
そしてなによりスペシャルイラストね。
好きな男がハロウィンとかパロディ世界線の版権イラストですーーーーぐ狼男にされちゃうオタクなんだけど今回もされていた。威風堂々狼に。無事ノルマ達成。現場からは以上です。

 

( 諸星哲 )
エントリーNo.8 頼れる江戸っ子お兄ちゃん(上野代表/高3)
シンプルにめちゃめちゃいいやつ。
初対面の印象とコンプ後の印象がほぼ変わらない善良野球小僧だった⚾
まあ宮大工の家系なので人の魂の様子とか幽霊が見えたりそういうスピリチュアルな存在としゃべれたりっていうトリッキー要素はあるけど、琉堂イエスも犬としゃべれるしハマーはヘビーな変態だし特に問題ないな。
ていうかよくよく見たら哲さん二人称「あんた」男じゃんね。へ~~……ふ~~~~~ん…………🤒🤒(被弾)

弟がいっぱいいるからお兄ちゃんムーブが板についてるのと哲さん自身が鈍感なこともあって中盤あたりまではチヒロちゃんを妹みたいに思って接してる感じなんだけど、もしかしてこれ恋なのか!?って気付いてからの様子がかわいかった😊☀
あんみつのイベント超超超好き!!

普通の人には見えないものが見えることで苦労したこともあったみたいだけど哲さんのそういう気持ちをチヒロちゃんがすごく自然に受け止めてたのがいいなと思ったし、恋愛/真ENDどっちに転んでも哲さんのスピリチュアルな力が活きるシナリオになってておもしろかった。
9人の中で一番危なっかしさがなく安心して見てられるハートフルなルートだったから大助かり。ありがとう哲さん~!

・恋愛END
6日目に突然シリアスからのハートフルオールスター感謝祭始まって動揺したけどよかった。でも伊織くんは人にもんじゃおごってる場合じゃないよ!早くスクーターのブレーキ直しな!!(正論)
あと終盤チヒロちゃんがあんた天才か!?!?!みたいなムーブをしてくれる。それオタクが見たかったやつじゃない!?ぼんたは見たかった。有能ヒロイン助かる。
全体的にすでに所帯じみててどっしりとした安定感があった。

・真END
先にハマー真END見てたからもう一気になにが起きるのかわからなくなって不安になったけど信じてる、信じてるぞ哲さん……頼む…………!!の気持ちで見守らせていただいた。
その結果得たのは無限の安心と信頼。哲さん、徳が高すぎる。みんなも哲さんを信じろ💪😭

・おまけ要素
諸星哲さん、吸えば吸うほど“いい人”濃度が高まる
ただでさえいい人だったのにシークレットテイルを見るとまじでまじでまじで一生いい人すぎてびっくりした。いい人永久機関
それはそれとしてデート中のことを振り返りながら霊と話してるのカジュアルスピリチュアルでうけた。その時に「独り言言ってるみたいに見えちゃうから」って人気のないところに移動してたの、えらいなと思う反面哲さんの過去を思うとちょっと切なくなっちゃったな。そしてその哲さんの配慮によりやばさが増すこたろ~くんとか伊織くんのクソデカ独り言。陽キャえげつない。
霊といえばアナザーストーリーのTYB視聴幽霊もすごいおもしろかった😂好きな話😂

 

( 濱田慎之介 )
エントリーNo.9 無敵の魔王デビルハマー(品川代表/高3)
顔がいい、金持ち、声が諏訪部順一っていう乙女ゲーム最強3K(こじつけ)を兼ね備えておきながらねっとりしゃべりと奇行が止まらないチヒロちゃんのストーカーをしてる変態っていうヤバポイントで3Kをすべて相殺してくる男。
高校生ながら社長業もこなしてるから本来ならめちゃめちゃすごいやつなはずなのにその点でまったくオタクに「すごい!」って思わせてこないの逆にすごい(??)

なんか、こんな純度高いやべーやつ久しぶり遭遇した感じ。おかげさまでクセ強しゃべりへの耐性がなくなってたオタクノーガードで被弾しちゃったしいちいちめちゃめちゃ笑った。直近だとめいこいの八雲さんも奇行種だったけどあっちはテンションが異様なだけで一応使用言語日本語なので……。
音声もテキストも濃すぎてハマーが画面上にいる時だけカロリー消費エグい感じするし多分ハマールート終わる頃には5kgくらい痩せたわ。
ていうかおもしろスチルも多くない???
せっかく執事の服着てるのにそんな顔のスチル出される乙女ゲームの男なかなかいないと思うし、ジョーズスチル(語弊)ありとあらゆる方面からやばすぎて普通に声出た😂

ハマーもニノ様に引けを取らないレベルで金持ちバカムーブしてくるけどニノ様は「こんなことができる僕すごいでしょう😤」みたいな感じだったのに対してハマーはチヒロちゃんのことがだいすきで喜ばせようと思って(実際喜ぶかは別だけど)お金を使ってきたり、やばめの変態ながらも奇妙なかわいげを感じる瞬間が多々あってなんか悔しかった。
あとこういう諏訪部順一珍しいな~って思ってたらあ゙!?!!ってことあってだから諏訪部順一か~なるほどね…いやなるほど?…なるほど……になった。混乱。
ハマーの存在そのものが情報過多だったし全体的に見てて一番底知れないというか、謎が深まるばかり。そんな特濃ルート🤒🤒

・恋愛END
6日目突然ぼんた特効文脈をちらつかせてきたからちょっとまって!?!?って動揺したものの「テメェの特殊性癖のせいでわかめが調子こいてる」で3年分くらい笑ってすべてが吹っ飛んだ。無理。と思ったら最後また気絶させられた。だからその、それは、ほんとになに???

・真END
結構重めになりがちな展開でもハマーはいつも通りポップな変態でいてくれたからもしかしてこいつなら別の道を探せるのではの気持ちが芽生え始めて、え~いいやつ~🤗って思ったところでかまされる本当にあったこわい話。
すごいびびった。ほんとになに??????……ゑ?????

・おまけ要素
濱田慎之介、奥が深すぎる。
真実のほうにあったシークレットテイル読んでぞわぞわしちゃった。ほんとにこいつナニモンなの????
濱田慎之介の専門家、及び有識者がいたら生態について解説をお願いしたい。ご連絡お待ちしてます🙇‍♂️

 

個別の感想はこんなん。
各ルートの体感しんどさは
伊織>>イエス>>>>>>他7人横ばい
って感じ。2人だけステージが違いすぎない???
しんどいと思うポイントは人によって違うだろうけど個人的に伊織くんの真ENDほんとにきつかった。
ちなみにこれは全部真ENDの話なので恋愛ENDはそんなにしんどいことなく全員平和にハッピー😊☀

平均的にみんなよかったけどまあ予定調和で琉堂イエスといいやつだったから伊織くんが好きかな。
ただシナリオというか文脈というか、恋愛END/真ENDどっちのことも考えた時のバランス的には意外とルーシーが刺さった感じ。
前者2人はちょっと真ENDでいろいろ考えさせられちゃって今も悶々としてる🤒🤒

全体的には合同デートがある分みんなでわーわーしてるようなところ結構見れた気がするし、1日目で脱落した6人も本編だとプリンセスが会場に行くまでの護衛として迎えにきてくれたりデート中に遭遇したり、本編外でもシークレットテイルでわりとちらちら出てくるから楽しかった☺
ていうかゆうとくん(6)いおりくん(9)いえすくん(バブ👶)……🤔TOKYOヤマノテBOYS、託児所の話か????(大ウソ)(曲解)(拡大解釈)

あとさっきもちらっと書いたけどチヒロちゃんが4人の女友だちと「今日のデートこうだった~」とか報告会をするようなシーンが各日のしめにあるんだけど会話が結構あけすけだったのが個人的に好感持てた。
ちょっと口悪いくらいなのがフランクな関係を感じさせていいし、チヒロちゃんが気になる男の話をした時に4人がオタクから見て「それ~~🤒‼」って思うようなこと言ってくれたりしておもしろい。ファミレス報告会の一員になった気持ちでうんうんって聞いちゃった。

ついでにサイドストーリーとして何年もお世話になってるのに逢坂良太の声になかなか気付けないオタクの様子もお届けする。
 

f:id:mamoryuuuuuu:20210414004801j:plain


消去法でやっとたどりつけた。
その後「この世界には逢坂良太の声がするモブがいるんだ」ということを意識した代償としてモブの声がほぼ逢坂良太に聞こえる呪いにかかった。
ていうか鈴木が逢坂良太だと思ったらなんかもう、右上腕二頭筋の日焼け止めの塗りむらをニノ様に指摘されるシーンとかが謎にめちゃめちゃおもしろくなってきちゃって無理😂😂
どうしよう、プレバンラボ始まっちゃうよ………(?)

 

■スチル、イラスト
前夜祭が1人1枚ずつ、本編は1人15枚ずつ。
一応枠は15枚だけど差分がいや全然構図違くない!?ってやつちょこちょこあるので個別スチルの体感枚数はもうちょい多く感じるかも。
他に恋愛END全員分見たあととコンプ後(真END全員分見たあとかな🤔?)あたりのタイミングで出てきた3人そろったおまけスチルも1枚ずつあった。
追加要素のイラストは前述したAnother Fairytaleから見れる。2枚×9人だから新規イラストは18枚かな。多い~!

立ち絵は目パチ口パクあり。1人1つくらいギャグっぽいコミカルな顔の立ち絵があったのよかった。ハマーの乙女ゲームの攻略対象とは思えない汁感(涙&鼻水)と琉堂イエスが借り物の服秒速で破いて袖ボロクソにしてたのおもしろすぎて無理。
久しぶりに浴びた前田絵の肩幅&男絵師乙女ゲーム名物ヤバ水着で生まれる実家のような安心感もナイス😌🏘️
イラストはスチル含め全体的にきれいだったと思う。

背景も知ってるとこいっぱい出てきたからおもしろかった。2作連続お台場に連行されるオタク。
あとナンジャにメリーゴーランドあるの見てエモくなっちゃった。まだじぇ~わに半分とられてなかった頃の、ぼんたが一番好きだった時代のナンジャタウン……😌

 

■音楽
OPは新曲のニノ様ソロ曲。むぇっっっちゃよかった。鈴村おじさんにこんな強めのキャラソン歌わすのリジェットくらいだよありがとね!!
さっきもちらっと言ったけどEDはそれぞれPC版のOP。元々OP曲なわけだし個人的にはEND後だとテンション的に合わないな~って感じること多かったけど愛の蜜は比較的馴染んでたからOPでもEDでもいけるの優秀だなあと思った。
ちなみに映像も多分PC版の時のままで曲が流れ続けた状態でスタッフクレジット出てくる感じ。尺的にフルだった気がする🤔
ところで妖精たちの誘いってBGM、ペルソナ3で流れてそうじゃない??(???)

 

■限定版特典
・OP主題歌CD「プライド」
さっきめちゃほめたニノ様の天才ソングのCDがついてくる!やったーーー🙌🎊🎉
フル/ゲームサイズ/インストver.の三段構え。
OPで聴いてて1番サビの「今、君という『奇跡』を手にして」って歌詞いいな~って思ってたんだけどフルだと2番のそこの歌詞が「今、僕という『未来』を選んで」だったのエモ。好き。

・特典小冊子 「いまさら暴露!シークレットBOYSトーク
12個トークテーマがあって9人が座談会みたいな感じで一言ずつコメントしてる様子が載ってる。一番最後のRPGのやつおもしろかった☺
そんなダイレクトじゃないけどほんのり本編でのことを匂わせる発言があるから気になるようだったらプレイ後に見たほうがいいかも。
ちなみに最後のページはOP曲の歌詞載ってた。きれいな岩崎。

・ポストカード
Another Fairytaleで解放されたおとぎ話のほうの新規イラストがそのまま使われてて計9枚。

・予約特典CD 「ダブル旅行デート with 悠斗・イエス
限定版の特典じゃないけどこのCDも一緒にもらってたからついでに感想載せとく。推じさんの声帯を持つ男と明らかにぼんたが好きそうな男のハッピーセットCDでうけた。
ウッドリンクのキャンペーンボーイとして雪山での撮影に駆り出されてたニノ様、琉堂イエスとプリンセスの3人がかくかくしかじかで遭難する話。
ニノ様と琉堂イエスがわんぱく雪合戦してる間にハイスピードでゲレンデを滑り落ちてたプリンセスめちゃめちゃ笑った。
ニノ様いるし秘書ズがなんとかしてくれるだろ(丸投げ)っていう信頼がすごいのでみんなが遭難してても安心して楽しめました😊✌🏔️

 

プレイ時間はEND2種回収して初回が3時間、以降の周回が2時間、真ENDは3人分一気に見て2時間(だから1人40分前後🤔?)あれば終わってたかな~って感じ。
まあ3作あったから多少プレイ時間も幅あると思うし平均的にこんなだったっていう参考記録程度に見てて。

初回3時間くらいだと一見あっさりしてそうだけど恋愛ENDと真ENDでだいぶ方向性違うから新鮮に楽しめたし、なによりおまけの量が膨大すぎてまっっっったく物足りなさとかなかった。
各DISCシークレットテイルとエクストラボイス全部まとめて読んで聴いて~ってやってると普通に3時間とかかかるしすっっごい大変。Vita版追加要素もあるし体感だけで言うと本編やってた時間よりおまけ要素摂取してた時間のほうが長かった気すらしてくる。
もちろんボリュームだけじゃなくて攻略対象視点で本編の補完もできたり内容も充実してたので満足度高い😳💮

全体的にはライトでポップな告白大会を見守ってあらかわいい~!になってる裏側でクソ物騒事が発生してるの、ぼくたちの知ってるリジェットって感じでよかった。凶悪で。
でもなんかヤマノテは個別内でもルート分岐がある分ライトな部分とハードな部分の区別がはっきりついてたり、3作通してやってみてわかっていくことがあるのが他のリジェットのゲームにはあんまりない傾向かなと思う。おもしろかった。

ここまでも書いたように一部絶妙な余韻を与えてくるENDとか多少の流血と人の死みたいな物騒な描写もあるのでそういうのが苦手な人と話のつくり的に3作コンプする気がない人はあんまり向いてないかもだけど、基本的には楽しげな雰囲気だったし攻略対象もクセ強くてウキウキでプレイできたので個人的にはみんなにおすすめしたいゲームだなと思った。興味があったらぜひやってみて~!そして真ENDを見てみんなで一緒に苦しもう😃✊(最悪勧誘)
伊織くん真ENDを見た翌朝~その翌日夕方くらいまで本当に体調を崩していたオタクからは以上です。

このへんにしておく。
個別の感想がなかなかまとまらないうえ9人いるから書いても書いても終わる気がしなくて困惑してたけどなんとかなって本当によかった。読んでくれた人いたらありがとうございました。おつかれ~!
プレゼントしてくれたマブもありがと😘💓

伊織くん真ENDでこわくなりすぎてFDってな、なにを見せられる?真END後の話とか見せられたら耐えられる気がしないのですが……と思って爆速で公式サイト見に行ったらきっちり7日間TYBをやったあとの世界線っぽいことがわかってめちゃめちゃめちゃめちゃ心の底から安心した。
よーーーし、FDも年内にやるぞ💪😳(急に元気)

とりあえずこのあとは年始にやっためいこいのFDをプレイしたので次回の感想文は多分それになると思う。ヤマノテのFDもそのうちやったら感想書くと思うし気が向いたら遊びにきて~🙋
びみょ~~に暑くなったり寒くなったりだけどみんな体調気を付けてね~!ではまた👋

 

ぼんた(@b_booon51)

 

 

■余談
主に伊織くんと琉堂イエスのことを話しながら取り乱すオタクが見れます。ちょっと長め。

以下、めちゃめちゃネタバレしてる&本編のこと知らないと見てもよくわかんないと思うのでヤマノテプレイしたことある人以外は読まないほうがいい✋🚫

 

 

まず、大人の規模クソデカ痴話喧嘩(広義)に若者達を巻き込むのやめて!?!?
そんなよくわからん場所に怪しい薬を放置すな……バカか………🤒??
しかも後始末ぜーーーんぶ本来無関係の若者達に丸投げして退場したのも無限に腹立つよな!?なんでやねんねんね~ん桐嶋家に対するけじめをきっちりつけてからおくたばりあそばせ~~~~~~~!!!!

ていうかその伊織くんのことだけど、真ENDしんどすぎない?な、なんで誰も注意報出しててくれなかったの????
チヒロちゃんと一緒にいたい自分の気持ちを後回しにして琉堂イエスとタイマンはってまで渋谷を守ろうとしてた渋谷ラブ善良人間に対してあんな仕打ちあります??
妹者関連の予想はついてたけど普通にもっとうまいこと収まると思ってたからオタクの心のダメージバカデカ。拓海さん真ルート世界線の伊織くんの心情も考えるとオエ……🤮という感じ。
渋谷を離れたとしても伊織くん読モだったし今回のTYB参加者の中だったら一般的な知名度一番高いのでは🤔?と思うので普通にいろいろ心配。大丈夫なの??あと個人的にもんじゃ屋のおばちゃんも心配だよ。
まあ総括すると桐嶋家の母、すごすぎない???の気持ち。
どんな感情なんだまじで…波乱すぎるだろ………。どうか今後桐嶋家に関わるすべてのものはやさしく穏やかであってくれ。オタクの祈り。

そんで琉堂イエスね。
伊織くんルート中引っかかった描写、コンプ後改めて考えるとチヒロちゃんと恭平(伊織くんと自分もあるかも)が重なって見えたんだろうなと思ってなるほど~。
それはそれとして誰かに誰かを重ねて見るっていう描写が強めに出てくるのが個人的にあんま得意じゃない(まあよくあることだし程度にもよる)んだけど琉堂イエスについてはそれが重要ポイントになってたからルート中緊張感あった😔
琉堂イエスが恩人とおもしれー女の類似点を見つけて2人を重ねる度にオタク正直ヒリついたし複雑な気持ちだったけどファミレスで「今は誰かの代わりでもいつかなんちゃら~」みたいなことをマブが言ってくれたのを聞いてなんかちょっと感動したというか、気が楽になって助かった。助かったくせに台詞うろ覚えですまない。ありがとうハルナちゃん。

なんか琉堂イエスに関してはまだ若干整理しきれてないのでちょっとあれだけど、とりあえず来栖恭平に対する感情がクソデカビッグすぎてほんとにびびった。来栖恭平がえげつないエゴイストだったのもヒエ~~って気持ちに拍車をかける。
対 哲さんの時は自害(?)したのに琉堂イエスにはとどめをさしてもらうのほんとになんか、なんか、まあそれでお互いけじめつけられるっていうのもあるかもだけど、でもなんか…なんか~~~~~~~~~~!!なにこの気持ち??来栖恭平も被害者の1人だし可哀想だなとは思うんだけどなかなかむずかしい気持ちにさせられた。
乙女ゲームなのに男同士の巨大感情でオタクをタコ殴りにするの勘弁して。

もしもぼんたくんが琉堂イエスの夢女だったら来栖恭平の一挙手一投足にバチギレてただろうな~くらい強すぎて3歳の時おむすびまんさまに恋して以降夢女的感情を特に持ち合わせていないオタクで本当によかったなと思う。
そしてなにより全体的に見ててぼんたはこんなにヒリついてたのにチヒロちゃんはとってもえらかった。信頼。やっぱそこらの人間とは魂のステージが違うんだワ🤒✋

めちゃめちゃ長くなっちゃったけど最後にひとつ、ハマーはまじでなんなの?????
あれはなに??四ノ宮那月/砂月みたいなこと????
わからなすぎてある意味ヤマノテやってて一番こわかったみたいなところある。誰かたすけて!?!!